働く母たち

昨日はNECワーキング・マザー・サロンという集会のお手伝いに出かけました。

『NECワーキングマザーサロン』は、
産後女性の心身ケアのプロフェッショナルであるNPO法人マドレボニータ
NEC社会貢献室との協働による、子育てしながら働く・働きたい女性の
クオリティ・オブ・ ライフ向上を目指すプログラム。

「母となって、はたらくこと」 をテーマに、ともに考え語りあえる場です。
育児休業中の方、再就職を考えている方、ワーキングマザー、専業主婦、学生…
テーマに関心のある女性ならどなたでも参加できます。

…働くことの意味を見失いがちな今だからこそ、考え、語りあいたい。
はたらくこと、そして、生きることを。

マドレの活動は全国規模でぐんぐん広がっており、最近ではテレビなどメディアでの露出も多くなってますます注目が集まってきました。

 

私は長男の産後リハビリの経験を生かして呼吸法やフルートを教えられないかなあ~と考えていたときに、マドレの講座と出会いました。実際に参加したのは、次男妊娠中のバランスボール・エクササイズが初めてだったのですが、本拠地である吉祥寺を引っ越して疎遠になったと思いきや、昨年になってまた新たにワーキング・マザー・サミットの動画に偶然?出会い感激、駆け込みで杉並のサロンに初参加。ここでも大いに感動し、千葉での開催を心待ちにしていたところ、どうやら取り仕切る人がおらず開催が危うい・・・との様子だったので、思い切ってサポーターに応募してみたのでした。

サロンの中心にあるのは、イメージマップを描きながら、人生、仕事、パートナーシップについて、自分を見つめるワークです。仲間と思いを共感しながら過ごし、新たな気づきやヒントを得るというわけです。

一緒にサポーターとして会を運営した仲間も、集まった方たちも、みんな美しく賢く、素晴らしい女性ばかりでした。女性の力はすごい!

一般社会からみて、産後女性の仕事は量も質も低下すると思われがちですが、家事育児を含めた仕事の総量から考えると、むしろ産前の120%の稼動率で休みなく働き続けています。(せざるを得ない)マネージできる仕事量とストレスの容量は相当アップしてきます。なまじのことではへこたれない強さとしたたかさを手に入れ、子供と共に大きく成長を遂げるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA