次男君の検診にて

たまには親ばか日記を。

今日は市の1歳6ヶ月検診へ行って来ました。

来た時からママの腕の中でぎゃあ~っと大暴れしながら泣き続けている子がいて、泣き止んだと思えばウロウロ落ち着きなく徘徊、かなりお世話が大変そうでした。じっと我慢のママさんには声をかけることもできませんでしたが、気の毒で涙が出そうになってしまいました。

他にも初めの内科検診のあと、服を着るのが嫌~っと怒っていた女の子、すべての行程をおむつ一丁で通過し、最後は帰ろうとするママを拒絶して知能テストの椅子の下で大暴れ、しまいにはかつぎだされ裸のまま廊下で爆睡してました・・・

一方、うちの次男君ですが、とってもご機嫌よくおりこうさんにしていました。待ち時間にもぐずりもせずおとなしく座って、不思議そうによそのお子さんたちが大暴れするのを見つめていましたし、内科の診察も難なくスルー。さすがに歯医者さんに口の中に手をつっこまれた時はいやがってましたが、異常なまでの?優等生ぶりを見せつけました。家ではひどい暴君ぶりを発揮しているのに外面がいいっていうか、これはこれで、性質が悪いような気も?(笑)

そんなわけで、心理相談やら食事相談なんてのは、申し訳なくてできずにそのまま帰りました。先週あの、昼も夜も悪魔のようにわめきつづけていたあれは、別の人なんでしょう。(うーんいつの間に入れ替わったんだろう。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA