Japanesque

cd-003

Japanesque

(cd-003)

日本へ帰ろう。アルバムのテーマはずばり「和」

カルテット・ペピモンの3rdアルバム全11曲

ライブの定番曲である日本の唱歌メドレーをこの一枚に収めました。日本人なら誰でも耳にしたことがある日本の童謡・唱歌をテーマに、 懐かしいあの頃に帰ってくつろげる一枚になっています。

No. メドレー/曲目
1

  • 春よ来い / 岡野貞一
  • 春が来た / 岡野貞一
  • 春の小川 / 岡野貞一
  • おぼろ月夜 / 岡野貞一
  • 花 / 滝廉太郎
  • 荒城の月 / 滝廉太郎
2 さくらさくら / 日本古謡
3

  • 茶摘み唄 / 文部省唱歌
  • 夏は来ぬ / 小川作之助
  • 夏の思い出 / 中田喜直
  • 海 / 井上武士
4 浜辺の歌 / 成田為三
5

  • ちいさい秋みつけた / 中田喜直
  • 里の秋 / 海沼 実
  • まっかな秋 / 小林秀雄
  • もみじ / 岡野貞一
6 証城寺の狸囃子 / わらべうた
7

  • ペチカ / 山田耕筰
  • 一月一日 / 上 真行
  • 早春賦 / 中田 章
8 スキー(難易度D) / 平井康三郎
9 恵理緒・じゃぱねすく I.追分 / 中川いづみ
10 恵理緒・じゃぱねすく II.一番星の子守歌 / 中川いづみ
11 恵理緒・じゃぱねすく III.じょんがら / 中川いづみ

参加ゲストの紹介
ギター:西村俊哉
(にしむら・としや)
前作「バッハ・ボッサ・ビーチ」で好演し、ライブでもおなじみ。(ペピモンのメンバー比護いづみの亭主でもある) 。ペピモンの父との呼び声も高い。
ピアノ:石塚まみ
(いしづか・まみ)
天才的な感性の持ち主のピアニスト・ヴォーカリストであり、 自身のアルバムでも独自の視点が注目され、全国的に活躍しているプレイヤーである。
ドラム:掘越彰
(ほりこし・あきら)
若くして山下洋輔ニュートリオのメンバーとしてデビュー以来、 常に第一線のプレイヤーとして厚い信頼をおかれる存在であるが、 邦楽と洋楽の融合をコンセプトとした独自の創作活動にも取り組む意欲的なプレイヤーでもある。
ベース:吉野弘志
(よしの・ひろし)
ジャズの巨匠であるにとどまらず、民族音楽、現代音楽、 舞台など多彩なフィールドで世界的に活躍するアーティストである事はここで改めて述べるまでもないが、 実はメンバーと同じく東京芸術大学器楽科出身である。 今回作曲者の中川いづみ氏から直接の指名があったのは、彼の現代作品に対する誠実な姿勢への信頼からであろう。
「恵理緒・じゃぱねすく」(中川いづみ作曲)を収録

ジャズピアノトリオとフルート4重奏のための作品「恵理緒・じゃぱねすく」(中川いづみ作曲)を収録。 ペピモンの魅力であるオリジナル・アレンジの「美しいハーモニー」を、たっぷりとお楽しみ頂けます。 そして何と言っても、中川作品に触発され巻き起こった熱いパフォーマンスは圧巻。

「恵理緒・じゃぱねすく」収録への経緯

世界的ジャズフルーティスト中川昌三(なかがわまさみ)氏の御夫人であり、日本を代表する作曲家である。 ジャパネスクの構想を抱いていた時期にこの曲のスコアを目にした比護は、 即座にこの曲に惚れ込んでしまった。かくしてペピモンの念願であったジャズピアノトリオとの共演が、 最高のサポート陣を得てとうとう実現した。

在庫状態 : 売り切れ
¥2,650 ¥2,500(税込)
只今お取扱い出来ません