“バイオカフェ”でオンライン演奏

 

東京テクニカルカレッジさん主催「バイオカフェ」というイベントの一環で、スケッチブックでのオンライン演奏をしました。

“バイオ編集”というテーマのセミナー前のリラックスタイムに…とご依頼を頂いたのです。

もともとこのイベントは東京駅近くの「くらしとバイオプラザ21」という場所で開催されていましたが、コロナ自粛のため1年間の休止を余儀なくされていました。
今回はじめてのオンライン開催、オンライン演奏も初の試みとなりました。

30名を超える参加者様に「ショパンのノクターン」「コンドルは飛んでいく」の2曲を聴いて頂きました。
オンライン演奏なので、生で拍手を頂くことができませんが、皆さんからチャットメッセージで「いい音楽でリラックスできました~」等とすぐにご感想を頂き、とても嬉しかったです。

東京テクニカルカレッジ」は東中野にあります、とお伺いし、はたと思い出しました。吉祥寺に住んでいた頃、いつも中央線や総武線から見えていた、線路のすぐ向かいのガラス張りの専門学校がそうでした。
(余談ですがその並びには、Feel So Goodというフル編成バンドでライブをしたミドルハウスという思い出のレストランがあります。マスターには大変お世話になりました)

(ミドルハウスって名前…中野だから?中の…ミドルの…今まで気づきませんでした。笑)

後日、主催の先生から素敵なエピソードが送られてきました。
娘さんに誘われご参加いただいたご高齢の婦人がいらっしゃいました。視力を失われ歩くことも不自由になりふさいでいる毎日だったそうです。
この日もあまり気が向かないご様子だったのが、音楽を聴いて心を開いてくださったとのこと。セミナーに熱心に耳を傾け、先生に直接質問をされていたそうです。

このお話を伺ってとても感動し、私自身が励まされました。
オンライン演奏にもできることがある、伝えられることがある。
人は支えあって生きているのだなあとつくづく思いました。

ご依頼くださった東京テクニカルカレッジ様、お世話になった先生方、そして演奏を聴いてくださいました参加者の皆様、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA